なたまめ茶

宮崎県都城市の“白なたまめ”です

なたまめ茶パッケージ
白なたまめを宮崎県と鹿児島県で作ってもらっています。
なたまめ茶は4月中旬大きく育った種をポットの中で育てます。

5月末~6月中旬にかけて二葉にしっかり育った物を畑に定植します。

白なたまめ(白刀豆)は宮崎県都城市で3農家で栽培をお願いしています。

なたまめは非常に栽培が難しく農家の方も出来て見ないと生産量がわからない作物です。

 

この写真は10月収穫前の写真です。

棚が見えており、これからなたまめの大きなサヤが茶色く色づくと収穫になります。

写真は草がいっぱい生えておりますがJASの栽培のため除草剤をまかないで、これまでも草との戦いが続いてきました。

まだ色づく前のなたまめの大きさはサヤが約35cm、豆の大きさは3.5cmです。

香ばしさがあるのは、豆特有のぬめりをとり、スッキリした味に仕上げるために、一晩水に漬け、蒸すことが必要になります。
程良い火加減の焙煎は柔らかな味を香りを醸し出してくれます。

 

おススメ

弊社のスタッフはマイボトル(水筒)に1パックを入れて1日中携帯して飲まれることをオススメしています。

 

工程表

 

詳しい情報[なたまめ茶]

 

最終更新日2015年03月29日(日曜) 19時25分

商品情報

  • 品名: なたまめ茶
  • 産地: 宮崎、鹿児島県
  • 内容量: 24g(3g×8袋)
  • 価格: 505円+税
  • 賞味期限: 製造日から2年
  • JANコード: 49558321-101820
このカテゴリの詳細: « いちょう茶 べにふうき緑茶 »

コメントを残す

必須情報(*)を入力してください。 HTMLコードは許可されていません。