そば茶

鹿児島県曽於市、宮崎県でつくられたそばの実を使っています

そば茶パッケージ
鹿児島県曽於市、宮崎県でつくられるそば茶の実です。
8月に種植えをし、畑では可愛らしい新芽が出ます。

 

10月には白い花が一面に咲き誇り、その様は愛らしく収穫が楽しみな時期になります。
11月にはその花も終わり、葉も散ってしまい畑が黒っぽくなったらそろそろ収穫の時期になります。

(株)エイムわらビーハウス青葉園には12月中旬からそばが送られてき、皮をむく作業に入ります。
そばは温度管理がきちんとした保冷庫に貯蔵されますが必要な分は、1晩青葉園の水に浸漬され硬めのそば御飯が作られます。
その後乾燥工程を経て香ばしく焙煎され皆様のお手元に届きます。

急須やマグカップに1包入れ、3~4分待ってお飲みください。
そばの香りが優しく皆様をお待ちしております。

 

 

おススメ

弊社のスタッフはマイボトル(水筒)に1パックを入れて1日中携帯して飲まれることをオススメしています。

 

工程表

詳しい情報[そば茶]

 

最終更新日2015年03月29日(日曜) 19時18分

商品情報

  • 品名: そば茶
  • 産地: 宮崎・鹿児島県
  • 内容量: 60g(5g×12袋)
  • 価格: 505円+税
  • 賞味期限: 製造日から2年
  • JANコード: 49558321-101158
このカテゴリの詳細: « よもぎ茶 とうもろこし茶 »

コメントを残す

必須情報(*)を入力してください。 HTMLコードは許可されていません。