どくだみ茶

宮崎県小林市でイキイキと育ったどくだみ

どくだみ茶パッケージ
宮崎県小林市周辺で取れるどくだみの葉になります。
山野で育つどくだみの葉はよもぎなどと一緒に自生をしています。

 

小さな白い花が収穫の目安です

6月になると梅雨時期になりますが、この頃小さな白い花を咲かせます。とてもどくだみと言う名前とは似ても似つかない可愛い花ですが臭いは強烈です。

 

花が咲いているどくだみの葉を6月に収穫します。
写真のように半日~1日陰干しをしたどくだみの葉は乾燥比率を同じにするため、1日かけて機械乾燥されます。

7月になり産地より入荷後、洗浄50℃洗いで再度乾燥させます。
この後強烈な臭いをとるため、火入れ焙煎を行います。
こうすることで強烈な匂いが減少され味も良くなります。

急須やマグカップに1包入れ、5~6分待ってお飲みください。

 

おススメ

弊社のスタッフはマイボトル(水筒)に1パックを入れて1日中携帯して飲まれることをオススメしています。

工程表

詳しい情報[どくだみ茶]
最終更新日2015年03月30日(月曜) 23時03分

商品情報

  • 品名: どくだみ茶
  • 産地: 宮崎県
  • 内容量: 45g(3g×15袋)
  • 価格: 505円+税
  • 賞味期限: 製造日から2年
  • JANコード: 49558321-101240
このカテゴリの詳細: « しょうが紅茶 はと麦茶 »

コメントを残す

必須情報(*)を入力してください。 HTMLコードは許可されていません。